• nicomama. rina

ソシアルキッズの意味・・・(子供の社交ダンスクラス)

社交ダンス、私は大学時代に出会いました。

男性からのリードを受けて女性が動く、その奥深さにひかれてハマってしまい卒業後は就職したものの、会社員とプロの競技ダンス選手(主人です~(;^ω^))のパートナーとして二足のわらじを履いておりました。

社交ダンス業界、団塊の世代のおじさまおばさまたちに大人気だったのですが、現在は縮小傾向。このコロナ禍でさらにさらに縮小しています。蜜、ですからね。でも、私がこの社交ダンスを次世代に残していきたいと思って、開催しているのにはちゃんとした理由があるんです。

社交ダンスって言葉ではなく、体で(いや、そんな変なイミでは・・・)、空間で相手を感じて踊るんです。音楽を共有して、リズムを感じメロディーを表現する、しかも相手と動きを合わせて。センサーをバリバリ働かせて、次はどうやったら相手に伝わるか、伝えられるのかを常に考えてます。無理な動きは厳禁。ついていけませんからね。とってもスキルが必要かなと思います。まあ、だから現代には受け入れがたいのかもしれませんが~。(正直、面倒よね)

要は・・・思いやりが大事なのです。

個々になりがちな現代の子たちだからこそ、なかなか得る機会のないスキルではないかと思うのです。


クラスでは、外国人の方とも踊れる共通のステップを中心に、ママとも踊れるパーティーステップやモチベーション維持のためにもアイドルのダンスなんかも一緒に踊っています。

音楽に合わせて体を動かすこと、人前で自分を表現することって慣れですので。

水泳にサッカー、野球、ヒップホップ、英語、ピアノ・・・など、現代の子どもの習い事はたくさんですが、社交ダンスもレアで良いですよ~(^^♪


現在小学校1年生の女の子をご指導させていただいておりますが、年長さんから習えます。

ダンスを踊るのに必要なリズム感やバランス感覚、柔軟性などの基礎練習タイムとダンスで45~50分です。ママも一緒に習っていただけます。

ご興味ある方は、お問い合わせお待ちしています。

19回の閲覧0件のコメント

千葉県柏市

  • YouTubeの
  • Instagram

©2020 by nicomama studio Wix.com で作成されました。